レーシックの前には適性検査

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。



レーシックの前には適性検査ブログ:2018/10/18

ダイエットでリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

ダイエットのリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらにダイエット前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
ダイエットなのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんなダイエットの敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとしたダイエット計画を立てていきましょう。

ダイエットで
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
私たちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間の身体には、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境に身体を対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
身体のほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、ダイエットを続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
ついダイエットを断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
ダイエットをやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながら身体に脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
ダイエットでリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!