レーシックでのリスクを理解しておこう

実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:2018/5/11

生まれたばかりの息子を抱いたとき、
ミーはもろくて壊れそうだと感じました。

これまで出会った何者にも似ていない赤ん坊は
ただ弱々しく震えるばかりで、
ミーはかたまってしまいました。
人の命をこれほど間近に感じたのは初めてでした。

無事に育ってくれるかどうか不安でたまりませんでした。
今1歳になった息子は連日笑顔を見せてくれます。

ミーは、ときどき実家に帰って親父に会います。
月並みですが、老けたなぁと感じます。

お子さんのときから、
親父とはあまりいい関係を築いてきたとは言えません。

いま親父を見て、不器用な人だなと思います。
摩擦も多かったことでしょう。

でも、ときどき、
親父の中に自分の姿を見ることがあります。

息子も、
どこかでミーに似るのかもしれません。

勝手に学校や仕事を辞めてしまうかもしれないし、
知らないうちに家族を作っているかもしれません。
そうなったら多少苦労するだろうな…とは思います。

ただ、何があっても
戻れる場所を作っておこうとも思います。

まだ息子がこの世に存在する前に、
もし障害を持って生まれてきたら…ということを考えました。
もしかすると親父もまた、
同じことを考えていたのかもしれませんね。

連日の生活は
確かにお子さん中心になっています。
家内との会話もほとんどがお子さんがらみの話です。

人の子は
こんなにも愛情を必要とするものだったのですね。

今もまた腕の中で眠ってしまった我が子が、
そんなことを忘れて自立した後でも、
両親の方にはいつまでも記憶が残るものでしょう。

今はまだ両親の指を握るのが精一杯のその手のなかに、
そのまたお子さんを抱える日が来るのでしょうか…