レーシックでのリスクを理解しておこう

実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:2018/11/15

本日、おいらが住んでいる難波は雲ひとつない晴天です。

雲ひとつない晴天の日もあれば、雲ひとつない晴天の日もあり、雲ひとつない晴天の日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
雲ひとつない晴天の日もあれば雲ひとつない晴天の日もあります。

やる気いっぱいに
「ダイエットするぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいにダイエットを続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心に大雨が降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「体操をサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんなおいらなんかどうせダイエットできない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「おいらなんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「おいらなんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも雲ひとつない晴天の日もあれば雲ひとつない晴天の日もあります。
そういうものなんです。

大雨の日には傘を差して大雨をよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少ダイエットをお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
ダイエットは必ず成功します。