レーシックで乱視の治療も可能

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

 

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。
近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。 日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。



レーシックで乱視の治療も可能ブログ:2018/9/11

7年前に母が、続いて3年前に兄が亡くなった。

それまで自由気ままに
結婚もせず、遊びまわっていたわしも、
さすがに一人実家に残った病を抱えたパパを思い、
約20年ぶりに実家に帰った。

母が健在の頃から、
お酒を浴びるように飲む兄と父母の仲は、
しっくりいかなかった。

そして母がクモ膜化出血で倒れ、
約二ヶ月の闘病の末亡くなった後は、
パパと兄の関係は修復しがたい程にこじれていった。

母の死を自分のせいだと自らを責め続ける兄には、
お酒以外に逃げ場が無かったのかもしれない。

酔っては暴言を吐き暴れる兄を、
パパは悲しい目で見ていた。

そんな生活が災いして、兄も亡くなった。
パパは「悲しいけれど、正直ホッとした」とわしに言った。

わしは、実家に戻りしばらくたってから、
母が亡くなって以来そのままになっていた、
家の中の片付けを始めた。

そんなある日見付けた手紙の束の中に、
パパから母にあてた手紙があり、
わしはパパに内緒でそっと開いてみた。

それはわしが生まれて間もなく、
パパが出稼ぎ先から出したものだった。

内容は
「たまにしか会わないので、
子どもたちが自分の顔を見て泣きだしたのがショックだった」とか
「早く一緒に暮らしたい」とかたいした内容では無いのだけれど、
家族に対する愛情が溢れていた。

わしは涙が止まらなかった。
兄が生きている間に、ひと目見せてやりたかったという気持ちで、
胸が一杯になった。

仏壇の隅にパパの目にふれぬようにそっと手紙を置き、
心の中で
「兄ちゃん、わしたちはこんなにも愛されて育ちましたよ」
とそっと呟いた。

そして、パパも昨年亡くなり、
わしは本当に一人きりになってしまった。

でもわしの前には、3人の写真が有り、
今も3人からの愛情を感じている。